前へ
次へ

ウェディングドレスの丈の大きな変化

昔ながらの裾が床まで着くようなウェディングドレスばかりではなく、膝丈や膝上なども登場し、個性を追求できるようになりました。
結婚式だけではなく、お色直しやフォトウェディング、更に二次会などで身につけてもいいといわれているのが膝丈や膝上のドレスの特徴です。
伝統ある丈のドレスだけではなく、膝下で動きやすさと女性らしさを追及できる形としても知られています。
ヘアアレンジやブーケなど小物との組み合わせによって、美しさに磨きがかかるといえるでしょう。
昨今ではドレスに合わせるブーケだけではなく、ヴェールをはじめとしたアイテムにも多様性が感じられるようになりました。
ベレー帽や麦藁帽子などをはじめとした帽子類や、ケープなどをまとってあえて頭に何もつけないという形も人気です。
アップスタイルにしてアクセサリーをつけることで、ヴェールをつけずに見せる形のヘアスタイルにするのもいいといわれています。
ウェディングドレスの丈やカラーによって、合わせて魅力的に感じられるアイテムは異なるため、あらかじめ参考にしてください。

Page Top